【高校野球】今夏甲子園2戦3本塁打の鶴岡東・土屋奏人捕手が東北福祉大進学

スポーツ報知
同じリーグに進む(左から)鶴岡東・前田、土屋、関

 今夏の甲子園に出場した鶴岡東(山形)で2試合で3本塁打を放った土屋奏人捕手(3年)が、仙台六大学野球・東北福祉大に進むことがわかった。同郷の先輩の背中を追い、大学でも強打を武器に存在感をみせる。

 高いレベルにも恐れず挑むと、鶴岡東・土屋はきっぱりと言い切った。「(大学は)高校のもう1ランク上の、細かいところまで突き詰めている印象。しっかりやりたい」。今夏の甲子園では2番に座り、1回戦・盈進(広島)戦で2発、試合には敗れた2回戦・近江(滋賀)戦で2戦連発と計3本塁打をマーク。大学でも強く振る意識を忘れず、フルスイングを貫く。

 福祉大には“憧れ”の選手がいる。同じ長野県出身で鶴岡東OBの大井光来捕手(3年)だ。頻繁に連絡を取る仲で、夏の山形大会前には「後ろを向くな、前だけ見てやれ」という激励の手紙をもらったという。3学年上のため高校ではともにプレーできず、「ようやく一緒にできる。うれしいですね」と土屋。出場機会を増やそうと内野守備の練習にも取り組んでいる。1年時からアピールし、尊敬する先輩と同じグラウンドに立ってプレーする。

 鶴岡東からは土屋が進む東北福祉大と同じ仙台六大学野球に所属する仙台大にも2選手が進む。前田夢翔内野手と関舜内野手(ともに3年)だ。前田は盈進との1回戦でソロ弾を放った強打が、関は堅守が売り。前田は「関と一緒なのは心強い。チャンスで打てるように今できることをしっかりやっていきたい」。仲間だった土屋と“対戦”することに、関は「これからは良きライバルとして頑張りたいし、全体的にレベルアップしていかないといけない」と活躍を誓った。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×