神戸、MF斉藤未月の獲得が決定的に 今季はG大阪でプレー

斉藤未月
斉藤未月

 神戸が今季G大阪でプレーしたMF斉藤未月を獲得することが30日、決定的になった。関係者によると、神戸は斉藤の保有権を持つ湘南に期限付き移籍のオファーを提示。合意間近という。

 湘南の下部組織出身の斉藤は、高校3年生だった2016年にプロ契約。年代別日本代表にも名を連ね、19年に開催されたU―20W杯では主将を務めた経験を持つ。20年冬に移籍したロシア1部ルビンカザンでは怪我に苦しんだが、G大阪ではボール奪取力を武器に26試合に出場するなどボランチとして存在感を発揮した。

 神戸は今オフ、MF小林祐希が札幌に完全移籍。中盤の補強が課題だった。元スペイン代表MFイニエスタにFW大迫勇也、武藤嘉紀といった豪華タレントがそろう前線を、持ち前のハードワークで支える役割が期待される。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×