【C大阪2023ブレイク予報】次代のスターは185センチの17歳ボランチ「すべての要素兼ね備えている」

スポーツ報知
石渡ネルソン

■石渡ネルソン 柿谷曜一朗(現名古屋)、香川真司(現シントトロイデン)、南野拓実(現モナコ)ら日本代表でも活躍する次世代を担うスターを数多く生み出してきたC大阪。新たな注目株は、高校2年でプロ契約が決まったU―18日本代表MF石渡ネルソンだ。

 ナイジェリア人の父と日本人の母を持つ石渡は、185センチの長身を生かしたダイナミックなプレーが持ち味のボランチ。昨年2月に2種登録されトップチームの試合に出場可能となると、同5月18日のルヴァン杯1次リーグ・大分戦で公式戦初出場。同10月12日のFC東京戦でJ1デビューを果たした。小菊昭雄監督も「攻守の運動量、球際の強さや高さ。ボランチとして求められているすべての要素を兼ね備えている」とポテンシャルを高く評価している。

 昨秋にトップ昇格が決定。今季は高校生Jリーガーとしてプロ1年目を迎える17歳は、自身が通う大阪・興国高で行われた内定会見で「試合に絡むだけでなく、結果も残せる選手になりたい。1対1のデュエルやボールを奪ってから(ドリブルで)長い距離を運べるところ、シュートまで持っていけるところを見てほしい」と抱負を語った。中盤のポジション争いはし烈だが、スケールの大きさは期待を抱かずにいられない。(C大阪担当・種村 亮)

 ◆石渡 ネルソン(いしわたり・ねるそん)2005年5月10日、京都府出身。17歳。西京極JSCを経てC大阪西U―15、C大阪U―18でプレー。昨年11月16日にトップチームへの昇格が発表され、17歳6か月6日でのプロ契約締結は柿谷、香川に次ぐ若さ。185センチ、71キロ。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×