【2023年注目馬】晩成血統ながら心身面で大人…ソールオリエンスが混沌のクラシック新星になる

スポーツ報知
ソールオリエンス

 ソールオリエンス(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎、父キタサンブラック)は、半兄にG2富士Sを勝ちドバイターフ・G1で2着のヴァンドギャルドがいる。その兄は古馬になって重賞を制したように、やや晩成の血統だが、本馬はデビュー前から稽古の動きが抜群で、若馬特有の緩さがあまり見られず、手塚調教師が「気性的に気になるところもあまりない」と語るように心身面で幼さが見られない。

 実際、デビュー戦はスタート直後に接触しても動じることなく、外めで壁をつくれなくても我慢が利いていた。直線で内に潜り込んだ素質馬レーベンスティールとの一騎打ちを制した勝負根性も秀逸。そのレーベンスティールが次走で3馬身半差をつけて快勝したことから、レベルの高い新馬戦だったことは間違いなく、ゴール前でさらにひと伸びしたように距離はもっとあっても良さそうだ。

 牡馬は2歳G1から飛び抜けた逸材が誕生せず、混沌としているだけに別路線組の新星として期待したい。(松井 中央)

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×