【紅白リハ】milet、羽生結弦さんの前での「Fly High」歌唱に「心臓の高鳴り方が早くなって…」

スポーツ報知
紅白歌合戦のリハーサルで、取材に応じるmilet(代表撮影)

 大みそかの第73回NHK紅白歌合戦(後7時20分)のリハーサルが29日、東京・NHKホールで行われた。

 3年連続出場のシンガー・ソングライターmilet(ミレイ)は笑顔で写真撮影に応じると「今回、3年目の紅白出場。ありがたいことに2年連続でウインタースポーツ・テーマソング『Fly High』と『おもかげ』と2回も紅白で歌えるなんて幸せいっぱいです。今回のテーマ通り、平和への願い、愛をいっぱい込めて笑顔で歌いたいと思います」とニッコリ。

 今回、「Fly High」をゲスト審査員席のフィギュアスケート五輪2大会連続金メダリスト・羽生結弦さんの前で披露することになるが、「本当に羽生さんがいらっしゃると聞いた時に心臓の高鳴り方が早くなって…。羽生さんの演技にインスピレーションをもらって、あのジャンプに音をはめるように作った曲。高く跳べるようにという願いを込めて作った曲なんです。ご本人の前で緊張しますけど、素晴らしい演技をされた羽生さん始めスポーツをしない人にも届けられるように歌いたいです」と決意表明。

 「本番で今回が初対面となる羽生さんと会話は?」と聞かれると、「(羽生さんを)ずっと見てしまうかも知れないですね。今まで演技を拝見して、会見でのたくさんの言葉に勇気づけられてきたんで、会話なんかじゃなくても、ただ、ただお会いできたらうれしい」と頬を赤らめた。

 今年の漢字1文字を聞かれると、「ツアーも2本できた。フェス、イベントでたくさんの方の前で歌えて充実した1年でした。大尊敬する平原綾香さんに『ステージは祭りだよ』と言われて、一気に緊張がとれて楽しくなった。今年の1文字は『祭』です」と返答。

 今回、Aimer(エメ)、「YOASOBI」のボーカルとして活動する幾田りらと「milet×Aimer×幾田りら×Vaundy」名義で紅組から出場し、コラボレーションも。歌うのは、白組から初出場のVaundy(バウンディ)が作詞・作曲・プロデュースする「おもかげ(produced by Vaundy)」。一夜限りの特別バージョンでのテレビ初歌唱となるmilet。

 こちらの歌唱については「4人の楽しい姿と、ハッピーとかをそのまま届けられたらと思います」と笑顔で話していた。

芸能

×