最近話題の「ホークアイ」って一体何? スポーツ最新テクノロジーを開発元に聞いた…システム概要編

スポーツ報知
半自動オフサイド判定のCG映像(Sony - Global YouTubeチャンネルより)

 スポーツにとって、最新テクノロジーは正しい判定や中継で欠くことができない存在だ。最近話題になったサッカーの「半自動オフサイド判定」システムは、ソニーの子会社「ホークアイイノベーションズ」(以下、ホークアイ)も開発し運用している。

 「ホークアイ」の提供する各種サービスは、テニスの「チャレンジ」などでも採用された実績があるほか、MLBでは「StatCast」の名称で開示されている選手のプレーデータの解析の元となるデータの提供をしている。また同社では世界各国のサッカーリーグ向けに「VAR」の運用も行っており、“三笘の1ミリアシスト”などでサッカーファンにはすっかりおなじみになった。

 今回はVARなどのビデオリプレーや、サッカーの「半自動オフサイド」システム、野球のトラッキングに焦点を当て、スポーツを支える最新技術について、システム概要編、サッカー編、野球編の3つをソニー社員で「ホークアイ」アジアパシフィック部門VPの山本太郎氏に話を聞いた。(取材 構成・田中孝憲=@sph_tnk)

 ◆システム概要編

 ―「ホークアイ」はどんな会社が運営しているのですか?

 「ソニー株式会社のサービスビジネスグループの行う事業の1つがスポーツ事業です。グループ会社である英国の『ホークアイイノベーションズ』がスポーツに関連した様々なサービスを提供しており、日本国内では『ソニーPCL』というグループ会社がVARをはじめとしたホークアイのサービス運営を提供しています。」

 ―もう少し詳しく教えて下さい

 「ソニー株式会社の傘下にあるスポーツ事業には『ホークアイ』、『パルスライブ』、『ビヨンドスポーツ』という3社がある体制です。『ホークアイ』はいわゆる審判判定支援サービスと、中継放送用に解説者の参考になるヒートマップの映像などの制作・提供なども行っています。また、選手の位置や骨格情報、ボールの位置などのデータを取得し、チーム強化や審判判定強化といった場面でご活用いただいています」

 「『パルスライブ』は、英プレミアリーグのアプリやFCバルセロナのホームページなどのデジタルプラットフォームを開発・提供しています。『ビヨンドスポーツ』は、取得したデータのバリデーションや3Dアニメーションなどを使った、データの可視化に長けている会社です」

 「ホークアイは2001年に創立し、2011年にソニーグループが買収しました。世界中の多くのスポーツ関連団体にさまざまなサービス提供を行っており、約25競技、90か国、500スタジアム以上、年間2万以上のイベントで使っていただいています」

 ―どんなサービスがあるのですか?

 「一つがビデオリプレーのサービスです。『シンクロナイズド・マルチアングル・リプレーテクノロジー』を略してスマート(SMART)と呼んでいますが、中継放送用のテレビカメラの映像を弊社のサーバーに入れて、同期させた映像をいろんな角度から審判に見ていただいて判定の支援をする、ということをしています。

 ―VARなんかがそうですね

 「サッカーのVARもそうですし、ラグビーのTMOなどでも使われています」

 ―カメラはソニーが用意したものではないんですね

 「国内のリーグでは、通常12台分のテレビカメラの映像をいただいて、タイムスタンプで同期させた状態にして、審判が見られない角度の映像からでもプレーを確認できるようにしています」

 ―他にもサービスはありますか?

 「ボールや選手などのトラッキングのサービスの場合は、放送用ではなく、我々のトラッキングカメラを使用しています。たとえばテニスの『イン』『アウト』だったり、サッカーなら位置情報、ボール情報が分かるので、それを使ったサービスを展開しています」

 「また、取ってきたデータをビジュアルなどで可視化する『インサイト』のサービスがあります。この3つ(スマートリプレー、トラッキング、インサイト)をコアテクノロジーとして、約25競技で様々なサービスを展開しています」

 ―どんな成り立ちの会社なのですか?

 「(ホークアイが)英国の会社なので、(サービスは)クリケットからスタートしているんです。ボウラーが投げたボールの軌跡を可視化するサービスから始まっています。現在までに、サッカーではゴールに入ったか、入っていないかをミリ単位で計測して審判に通知する『ゴールラインテクノロジー』や、テニスでは線審の代わりにボールのイン・アウト判定をすべてホークアイが行う『ホークアイライブ』というサービスを提供しています。さらに、ラグビーではTMO、野球ではMLBで『チャレンジ』用にスマートリプレーを使っていただいています」

 【続きを読む】

 「半自動オフサイド判定」は骨格・関節のトラッキングを活用 開発元ホークアイに詳しく聞いた…スポーツテックサッカー編

 「いい球を打たれたのは何で?」MLBやヤクルトなどで導入「ホークアイ」でわかること…スポーツテック野球編

サッカー

×