【広島2023ブレイク予報】新井貴浩監督が大絶賛の2年目左腕「真っすぐに見えるフォーク」でローテ入りだ

スポーツ報知
森翔平

■森翔平 今季から広島の指揮を執る新井貴浩監督が楽しみにしている左腕がいる。2年目を迎える森翔平投手だ。宮崎・日南での秋季キャンプでは紅白戦2試合計5イニング無安打無失点、8奪三振の完全投球。新監督は「あぁ、いいものを見せてくれたな、という感じです」と手放しで褒めたたえた。

 紅白戦の投球をバックネット裏で見守った指揮官が注目したのは、フォークだった。「いい落ち方をしていた。打者からすると、真っすぐに見えていると思う。真っすぐに見えて手元でグッと落ちるので、なかなか」と2203安打の打者目線で、うなった。

 指揮官へのアピールに成功したフォークは、秋季キャンプから取り組んだ“新球”だ。横山コーチの助言で握りを変え、苦しんだ1年目シーズンから進化した姿を見せた。

 1年目は終盤に差し掛かった9月7日の敵地・中日戦でプロ初先発初勝利。シーズン最終戦の10月2日の本拠ヤクルト戦の先発を任されたことも、期待の表れだ。「即戦力として入ったのに、1年目は春に出遅れて『何しているんだろう…』と焦る気持ちはありましたけど、ひとつひとつ課題をクリアしていこうと。2年目はいいスタートダッシュが切れるように」。充実のオフを過ごし、床田に次ぐ先発左腕として開幕ローテ入りを目指す。(広島担当・畑中 祐司)

 ◆森 翔平(もり・しょうへい)1998年1月1日、鳥取県出身。24歳。鳥取商では1年夏からベンチ入りも甲子園出場なし。関西大を経て三菱重工Westに入社。21年ドラフト2位で広島入団。1年目はウエスタン・リーグ優秀選手賞受賞。1軍では登板8試合で1勝、1ホールドで防御率1・89。身長177センチ、80キロ。左投左打。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×