森保一氏と次回W杯までの異例長期契約、田嶋会長「世界的に見ても恥ずかしくない額」通常は2年…日本代表監督続投を正式発表

スポーツ報知
森保一氏

 日本サッカー協会は28日、都内で行われた会見で、次期日本代表監督に森保一氏が就任すると発表した。W杯後の続投は史上初めて。2026年の米国・カナダ・メキシコの3か国共催W杯を目指す。

 会見には田嶋幸三会長、反町康治技術委員長、森保氏が出席した。

 田嶋会長は「ベスト8の新しい景色を見るためには、一番ふさわしい監督であるということ、そこが一番ポイントとなりました」と説明し、契約は26年W杯まで。「ベスト16の日本代表監督、ベスト8以上を目指す日本代表チームの監督としてふさわしい、世界的に見ても恥ずかしくない額で契約。それは日本のサッカー指導者の地位向上にもつながる」と説明した。

サッカー

×