ドッジボール女子小学生日本一・フィリーズの3選手が磐田市役所を訪問

スポーツ報知
磐田市役所を訪問した(前列左から)鈴木咲楽、縄野心吹、大石玲杏

 今月11日に茨城県水戸市で開かれたドッジボール全日本女子総合選手権・小学生の部で優勝した静岡県代表・フィリーズの3選手が23日、金メダルを手に磐田市役所を訪問。山本敏治教育長に日本一を報告した。

 訪れたのは磐田市内で活動するドッジボールのスポーツ少年団「龍池舎」に所属する鈴木咲楽(さら)=豊田北部6年=、縄野心吹(いぶき)=同=、大石玲杏(れあ)=同5年=。3人は予選リーグと決勝トーナメントの全7試合にフル出場した。縄野は「夢だった全国優勝ができてうれしい」と話した。

 フィリーズは県内各地のクラブから14人が集まった合同チームで、優勝は4回目。龍池舎としては来年1月に県大会が控えており、鈴木は「優勝して、3月の全国大会でも上位を目指したい」と決意表明。5年生の大石は「来年は龍池舎としてもフィリーズとしても優勝したい」と、全国2連覇を目標に掲げた。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×