本田真凜、全体26位でフリー進出ならず 上位24人にわずか0・64点及ばず…全日本フィギュア

女子SPで演技する本田真凜(カメラ・矢口 亨)
女子SPで演技する本田真凜(カメラ・矢口 亨)

◆フィギュアスケート ▽全日本選手権 第1日(22日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、2016年世界ジュニア女王の本田真凜(JAL)は、51・81点の全体26位。上位24人が進む24日のフリーには、わずか0・64点及ばなかった。

 8大会連続で全日本切符をつかんでいた本田は、SPで2本目の3回転フリップを転倒。ただ演技後は「スピン、ステップを重点的に練習してきて、ステップも久しぶりにレベル4、プラスもたくさんついていたので。そこがよかった所かなと思います」と、手応えも語っていた。

 今季最も近い目標としてたという全日本出場を果たし、充実の表情も浮かべる中「たくさんの方がバナードを持って応援に来てくださっているのを見て、久しぶりにたくさんのお客さんの前での演技だったので、それもすごくスケートの好きな部分です」と語った。

スポーツ

×