市村正親の14歳長男・市村優汰、父と同じ「ホリプロ」に所属「活躍できるよう頑張りたい」

昨年、舞台「オリバー!」に出演した市村優汰。父の市村正親とミュージカル初共演を果たして話題になった
昨年、舞台「オリバー!」に出演した市村優汰。父の市村正親とミュージカル初共演を果たして話題になった

 俳優の市村正親(73)の長男・市村優汰(14)が、父と同じ「ホリプロ」に所属したことが20日に分かった。優汰が自身のツイッターで公表し、「この度、『ホリプロ』に所属させて頂くことになりました。今まで以上に活躍できるように頑張っていきますので今後とも応援よろしくお願いします」とコメントした。

 優汰は、母に女優の篠原涼子(49)を持つ(市村とは昨年離婚)14歳。2021年に上演されたミュージカル「オリバー!」で本格俳優デビューを果たした。同作は父・市村正親の主演作(武田真治とWキャスト)で、ミュージカルでの親子初共演が話題になった。

 正親が特集された18日放送のTBS系「情熱大陸」では、優汰は10歳の弟とともに番組に出演。父の主演舞台「ミス・サイゴン」の千秋楽に駆け付け、舞台終了後に楽屋で父と会い「すごく感動して、途中で泣いちゃった。カーテンコールでウルっときた」と感激の面持ちで感想を伝える様子が放送された。

 来年デビュー50周年を迎える市村は、2005年に篠原涼子と結婚。08年5月に長男の優汰、12年2月に次男が誕生した。おしどり夫婦で知られていたが、昨年7月に離婚を発表。15年半の夫婦生活に終止符を打ち、子ども2人の親権は市村が持つことも報告された。

 ◆市村 優汰(いちむら・ゆうた)2008年5月10日、東京都生まれ。14歳。2016、18年に父の市村正親が座長を務めた舞台「市村座」に出演。21年のミュージカル「オリバー!」で本格俳優デビューを果たし、父と共演した。趣味はタップダンス、ヒップホップ、ジャズダンス、歌唱。趣味は手品や動物を飼うこと、カセットテープでの音楽鑑賞。170センチ。血液型A。

芸能

×