中谷美紀「私の知ってる菊池さんじゃない」サイコキラー演じた菊池風磨のバラエティー全裸に混乱

スポーツ報知
WOWOWの連続ドラマ「ギバーテイカー」の完成披露試写会に出席した(左から)池内博之、中谷美紀、菊池風磨

 女優の中谷美紀が18日、都内で、主演するWOWOWの連続ドラマ「ギバーテイカー」(来年1月22日スタート、日曜・後10時=初回は無料放送、全5話)の完成披露試写会に、共演するSexy Zoneの菊池風磨、俳優の池内博之と出席した。

 すえのぶけいこ氏のサスペンスコミックが原作で、自らの教え子に娘を殺され、小学校教師から転身した刑事・樹(中谷)が、娘を殺した元少年の猟奇殺人犯・ルオト(菊池)に対峙(たいじ)していくストーリー。中谷は「自分自身を痛めつけないといけない役。正直ためらいましたが、いただいた台本がすばらしくて、涙が止まらなかった」とオファーを引き受けたという。

 劇中では菊池演じるルオトに憎しみを燃やす役。中谷は「黄色い歓声を浴びている対象の方ですが、生涯彼の目を見るたびに、いつか殺してやろうと…。夜道に気をつけて」とジョークで“警告”。普段は明るいキャラクターの菊池との共演に「私にとっては、菊池さんは寡黙でシャイで、演技に没頭されていた。(撮影が)終わったあとにYouTubeを見たら(バラエティーで)全裸でのたうち回っていて…。『私の知っている菊池さんじゃない』と動画を消しました」と笑わせた。

 菊池は「寡黙でシャイな前者が本当の僕です」と苦笑い。サイコキラー役という理解しがたい役だが「想像の世界でしかないけれど、自分なりに答えを出した」と真摯(しんし)に向き合ったといい「鏡の前で気持ち悪い笑顔を練習しました。20分ぐらい…」と役作りの苦労を明かしていた。

芸能

×