ABEMAが「日本対クロアチア」でアクセス集中なら入場制限も…「うそやーん」本田節が聞けない!?

スポーツ報知
スペインに勝利し歓喜する日本イレブン

 サッカーのカタールW杯を全試合無料で生中継しているインターネットテレビ局「ABEMA」は4日、5日の「日本対クロアチア戦」(日本時間5日24時キックオフ)で入場制限をかける可能性がある、と公式サイトで発表した。

 同サイトでは「日本史上初となるベスト8をかけた一戦も、多くのアクセスが『ABEMA』に集中することが予想されます」と想定。その上で「快適な視聴環境を維持するために必要だと判断した際には、『ABEMA』への入場制限をさせていただく場合がございます」とした。

 同局では日本戦全戦をABEMAワールドカップGMの本田圭佑(36)が解説。日本戦ではメンバーを入れ替えたスペイン守備陣を「結構やらかすと思います」。アディショナルタイムでは「な、7ふーん! うそやーん」など、的確な戦術眼と主観丸出しの語り口で人気になっている。

 2016年4月開局のABEMAでは「アルゼンチン対サウジアラビア戦」を放送した11月22日に開局史上最高の視聴者数を記録(数字は公表せず)。ドイツ戦の同23日で1000万人を超え記録更新。コスタリカ戦の同27日に1400万人で再更新すると、スペイン戦の2日早朝では1700万人が視聴して、さらに記録を塗り替えるなど大フィーバー中だ。

 ただ、スペイン戦放送中も映像が時々固まるなどしていた。入場制限となれば本田節が聞けなくなる可能性がある。ABEMAによると、制限ラインの人数は公表しないという。「もちろん、そうならないように最大限の努力はいたします」と視聴者ファーストで世紀の一戦に臨む。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×