【楽天】石井一久GM兼監督 監督専任へ「東北に歓喜をお届けしたい」不退転の覚悟

スポーツ報知
石井一久監督

 楽天・石井一久GM兼監督が来季はGM職を兼務せず、監督業に専任することが4日、明らかになった。9日に行われる現役ドラフト以降の運営業務は球団本部が行う。

 指揮官は球団を通じ「今までも、1勝でも多く積み重ねること、チームが勝つことを考えてきましたが、アプローチを変え、来シーズンに臨むことを決めました。シーズン中の事務作業は球団本部で行います。引き続き、東北に歓喜をお届けしたいという夢を実現するために、全身全霊を注いで参ります。よろしくお願いします」とコメントした。監督としては3年契約最終年となる23年シーズンは“不退転”の覚悟で挑む。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×