明石家さんま、森保ジャパン1位通過に「まさか」「日本サッカーなめてた」ドイツユニで日本―スペイン観戦

スポーツ報知
明石家さんま

 サッカー大好き芸人・明石家さんまが、3日に放送された大阪・MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(関西ローカル)で、サッカーW杯カタール大会の1次リーグE組スペインに逆転勝ちして決勝トーナメントに駒を進めたことについて「まさかの1位通過」「日本サッカーをなめていた」と驚いたことを明かした。

 「日本戦メインで見ているわけじゃない」とW杯は他国の試合もしっかり観戦している、海外通のさんまは「長年のサッカーファンとしては、予選でダメから、やっと(決勝Tへ)出られるという歴史を見てきたが、まさかの1位通過」と快挙に感嘆した。一方で「コスタリカに負けたのはお忘れなく」と辛口コメントも。「スペイン、ドイツが予選落ち?…はFIFAの立場で見れば『アカンのちゃう?』と思った」と、スペインの通過にはホッとした様子。

 ただ、さんまは少年時代からドイツファンで、今大会も「ドイツのユニホームを着て日本・スペイン戦を見た」と告白。「両チームが好きな時は、同じメーカーのユニホームを真ん中で切ってミシンかける(=縫い合わせる)」と海外サッカーへの深い思いも語った。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×