柔道東京五輪金・永瀬貴規、高校先輩の森保監督から「ポジティブな考えはすごく重要だなと学んだ」

スポーツ報知

 柔道のグランドスラム東京大会(3、4日・東京体育館)に出場する男女日本代表が2日、都内で練習後に取材に応じた。男子81キロ級で東京五輪金メダルの永瀬貴規(29)=旭化成=はサッカー日本代表の快進撃に刺激を得て、「競技は違うけど、日本を背負って戦っている選手がすごく格上と呼ばれる相手(ドイツ、スペイン)に連勝した。私も負けずに、代表としての自覚を持ってこの大会に臨みたい」と闘志を燃やした。

 日本代表を率いる森保一監督(54)は長崎日大高の大先輩にあたる。逆境に立ち向かう姿や言動から、「どんな状況でもポジティブな言葉を発せられていた。ポジティブな言葉、考えはすごく重要だなと、見ていて学んだ」と感銘も受けた。

 10月の世界選手権では銅メダルだった。約2か月間と短い調整期間の中でも、海外勢を相手とした組み手を一から見直した。来年5月の世界選手権や24年パリ五輪代表争いを見据え「この大会で勝つことでパリ五輪や来年の世界選手権に大きく近づく。一つのターニングポイント。優勝することでパリに向けていい流れがつくれるんじゃないかと考えている」。前向きな言葉に力を込めた。(林 直史)

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×