NHK大河「鎌倉殿の13人」ダーク義時の鬼発言にSNS悲鳴!ついに尼将軍誕生か…第46回みどころ

スポーツ報知
鎌倉御所・政子の居室にて。北条義時(小栗旬)と対峙した政子は自分を指さし…

 俳優の小栗旬が鎌倉幕府の第2代執権・北条義時を演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜・後8時)の第46回「将軍になった女」(4日放送)で、3代目将軍・源実朝(柿澤勇人)を失った幕府が混迷する。

 実朝が以前、朝廷から後継者を呼ぼうとしたものの、暗殺されてしまったため頓挫。2代、3代と事実上、連続で暗殺されている将軍職に、後鳥羽上皇(尾上松也)も当然、身内を送りたがらない。一方で、源頼朝(大泉洋)の弟・阿野全成(新納慎也)と自身の子が将軍になれるのでは、とたくらむ義時の妹・実衣(宮澤エマ)。鎌倉に平穏はなかなか訪れない。

 現代になり、高い視点で見るから進歩がないように感じる。だが日々、懸命に生きているつもりの我々も「次(の部長・課長)は俺だ…」と、鎌倉時代とほぼ同じ。最終回を含め残り3話となっても、足の引っ張り合いが終わることはない。サブタイトルからは、歴史に名高い女性将軍が予感される。

 前週の第45回「八幡宮の階段」(11月27日放送)では、実朝の最期が描かれた。鶴岡八幡宮での右大臣拝命式から帰る途中、公暁(寛一郎)に斬られて絶命。実朝の太刀持ち(従者)の役を義時から奪った源仲章(生田斗真)も、義時に間違われて殺された。仲章を快く思っていなかった義時と大江広元(栗原英雄)。広元が「おかげで手間が一つ省けました」と、とんでもない発言をするが、もはやこのドラマでは普通のことだ。

 なお史料によっては、義時が体調不良を訴えて従者を交代したとされ、義時が仲章を謀殺したとの説も。今作では、義時が幸運にも凶刃を免れたという流れになった。

 もっと冷たい会話もあった。義時の無事を喜び、抱きつく妻・のえ(菊地凛子)に「代わりに仲章が死んだ。お前も救われたな。いずれお前は言わなくてよいことをしゃべっていただろう。私はお前を斬っていたかもしれない」と言い放ち、のえも真顔に。さらに前の妻を引き合いに出し「八重(新垣結衣)も比奈(堀田真由)も、もう少し出来たおなごだった」と続けた。

 各地で毒舌が多発する今作でも、ひときわ怖い言葉。悪女として描かれている、のえも「言っていいことと悪いことがございます!」と怒った。これまで自らの本音をめったに言わず、周囲に振り回されてきた義時も、今や怖いものなし。SNSでも「のえさんがかわいそう」「前の奥様と比べてはいけなかったよ、あんなひどいこと言って」と非難の声が相次ぐ。先の話になるが、いずれ亡くなる義時には、のえに毒殺されたという説もある。この描写によって最終回の想像も広がってくる。

 前週第45回の平均世帯視聴率は、裏でサッカーW杯「日本対コスタリカ」戦があり初の一桁となる6・2%に。ネットでも「大究極の選択」「サッカー生で見て大河は録画組」などのツイートが多く、もはや先行放送のBSプレミアムと、録画視聴率も足さないと人気は計測できない。

 修羅の道を歩む義時、謀略で邪魔者を消していく三浦義村(山本耕史)、陰謀の達人・広元、愛より権力の妻・のえ。悪人ばかりが勝ち残るのか、生きるためには悪さも必要ということなのか、その線引きもよく分からなくなってくる。

(NHK担当・浦本将樹)

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×