スペイン撃破の日本にイタリア紙も衝撃「信じられないほどの日本」「後半になるとすべてが変わった」

スポーツ報知
後半、田中碧のゴールが決まり歓喜する日本イレブン(カメラ・宮崎 亮太)

◆カタールW杯 ▽1次リーグE組 日本―スペイン(1日・ハリファ国際競技場)

 日本がトップ通過を果たした1次リーグE組の結果を受けて、欧州予選敗退でW杯出場を逃したイタリアのスポーツ紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」の電子版は、「信じられないほどの日本:スペインを倒して1位。しかし、ルイス・エンリケには今モロッコがある...」とのタイトルで速報を伝えた。日本の勝利に衝撃を受けつつ、敗れたスペインにとっては決勝トーナメント1回戦で対戦する相手がモロッコになったことをプラス要素としている論調だった。

 同紙は「日本は歴史的な勝利(2-1)に歓喜し、スペインは敗れたが、敗退したドイツより得失点差で有利なラウンド16に進むことができ、満足している」と報道。続けて「ルイス・エンリケ監督のチームにとって最高の形で幕を開け、11分にはモラタのヘディングで先制した。しかし、後半になるとすべてが変わった。森保監督がロッカールームで何を言ったかは定かではないが、それが功を奏したのだ。48分には堂安が同点弾を決め、51分には田中が2点目を決めたが、これは田中の決定的なタッチの前にボールがゴールラインを越えていたようで、VARの後に認められた。スペインはモロッコと、日本はクロアチアと、それぞれラウンドオブ16に進出することになった」と試合を振り返った。 

 【E組の日程】

 ▼11月23日

ドイツ1-2日本

スペイン7-0コスタリカ

 ▼11月27日

日本0-1コスタリカ

スペイン1-1ドイツ

 ▼12月1日

日本―スペイン

コスタリカ―ドイツ

 【決勝トーナメント1回戦=E組関連】

 ▼12月5日

E組1位―F組2位

 ▼12月6日

E組2位―F組1位

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×