【西武】今井達也が背番号を11から48に変更「自分の気持ちは揺るがなかった」

スポーツ報知
500万円減の4500万円で更改した西武・今井

 西武・今井達也が1日、所沢市の球団事務所で契約更改に臨み、600万円減の4500万円でサイン。背番号を来季から11から48に変更することを明かした。

 入団時から付けていた背番号を変える決意を大きな理由に、今季限りで引退した武隈祥太投手の存在があった。「唯一、僕に『こうやって投げろ』と言ってくれた先輩。同じ感覚でしゃべってくれる先輩でした」と心酔。23日のファン感謝イベントで引退のあいさつに立った武隈に花束を贈呈した際には、号泣したほどだった。その帰り道、背番号を48にすることを決断。球団に報告し、承諾を得た。武隈からは「お前、すげーな」と驚かれたという。「渡辺GMから、お前いいのか?と聞かれましたが、自分の気持ちは揺るがなかった」と生涯48番をつけていく覚悟を示した。

 今季は右内転筋の故障などもあって9試合登板で5勝1敗。年俸は600万円減の4500万円になったが、すでに視線は来季へ。自主トレは巨人・菅野らも師事する鴻江寿治氏の下でトレーニングに励む予定。「もっともっと野球がうまくなりたい」と目標を掲げた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×