【巨人】菅野智之が1億円減で契約更改 来季は「15勝ぐらい」自主トレは山崎伊、堀田、大城が参加

スポーツ報知
契約更改を行った菅野智之(球団提供)

 巨人の菅野智之投手(33)が30日、都内の球団事務所で契約更改に臨み、単年契約で1億円減の年俸5億円(金額は推定)でサインした。来季は「イニングは200イニング投げたいなというのはありますね。貯金も10個つくる。15勝ぐらい」と力を込めた。

 今季は23試合で10勝7敗、防御率3・12をマーク。「もっともっと上を目指さないといけないと思いますし、今年は悪いなりに頑張れた部分も自分自身評価してあげたい部分もあります。自分も、周りも納得してもらえる成績を残したい思いが強いです」と語った。

 自主トレは12月にハワイ、1月に沖縄・宮古島で行う。山崎伊織投手、堀田賢慎投手に加え、大城卓三捕手も帯同する予定。2人の若手投手については「(今季)頑張ったなって思いますけど、やっぱり彼らも満足してないと思いますし、僕自身も、もっともっとできると思っているので、まだまだ一緒に高みを目指してやっていきたいと思います」と意気込みを示した。

 大城の帯同については「しっかりみっちりトレーニングして、足も遅いのでバンバン走らせて、というところですね。あとは若いピッチャーもくるのでキャッチャー目線で教えるところもあると思うし、教えることによって彼も気づける部分があると思う」と語った。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年