Cロナ惜しい!ゴール前のヘディング、わずか5ミリ届かず!! 通算ゴールは『8』のまま、ポルトガルの伝説に届かず

スポーツ報知
後半、フェルナンデスのゴールで先制し、ガッツポーズするポルトガルのロナウド(中)(カメラ・宮崎 亮太)

◆カタールW杯 1次リーグ H組 ポルトガル 2-0 ウルグアイ

 0-0のまま一進一退で進んだ試合。しかし後半9分、やはりこの人、クリスティアーノ・ロナウドが均衡を破った!これがW杯通算9つ目のゴール。ポルトガルの伝説的FWエウゼビオに並んだーかに見えた。しかしこのヘディングがわずかに届いていなかった。

 BBCは「誰のゴールだったのか?」と見出しをつけ、ロナウドとボールの間に5ミリほどの隙間が見える写真を掲載し、このシーンを特集。左サイドからフェルナンデスが絶妙のクロスを出すと、ウルグアイDF2人を引きちぎってゴール前に飛び込んだロナウドが頭をこすりつけたかのように見えた。

 ボールが相手ゴールの右隅に飛び込むと、ロナウドは右腕を掲げて左隅のコーナーに駆け込み、得意の仁王立ちポーズ。エウゼビオに並ぶ母国のW杯通算ゴール記録に並んだことをセレブレーションした。

 公式記録も当初はロナウドのゴールとした。ところがスローで見ると、ロナウドの頭とボールにわずかだがはっきりとした隙間が発見され、すぐにフェルナンデスのゴールと訂正された。

 

 試合後のインタビューでフェルナンデスは、「あれはシュートではなく、クリスティアーノへのパス。彼のラストタッチだと思った。しかし誰のゴールかということより、ベスト16に進んだことが重要だ」と健気な発言。けれども自身のゴールとなるよりロナウドの記録をアシストした方が、歴史にその名を残したのかも知れない。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×