尾上菊之助企画「FFX」歌舞伎化 ティーダとユウナの名場面「水中キスシーン」に「ご期待ください」

スポーツ報知
新作歌舞伎「ファイナルファンタジーX」を企画した尾上菊之助。演出、主演もこなす

 歌舞伎俳優の尾上菊之助(45)が29日、都内で行われた企画、演出、出演する新作歌舞伎「ファイナルファンタジー(FF)X」(来年3、4月、IHIステージアラウンド東京)の製作発表に出席した。

 初となるゲームの歌舞伎化。コロナ禍の緊急事態宣言でステイホーム中に思い立ったという菊之助。FFXは2001年発売だが、当時の感動を思い出しつつ、再びプレーしていると「始めバラバラの登場人物の心がひとつになっていく姿を見て、いまの状況下でメッセージが発信できる」と確信。2020年3月に自身で企画書を書いて動き出し、俳優仲間には直電して出演交渉した。

 役では主人公の少年ティーダを演じ、少女ユウナ(中村米吉)との切ない物語に注目が集まりそう。中でも2人が心通わす「水中キスシーン」は原作の名場面。菊之助は「歌舞伎でもキスシーンはありますが、この作品ならではのものを」と話す。そして「水中の場面は本水を使わず、映像など水を使わない演出で。どんな表現になるかご期待ください」。順調に制作が進んでいる様子をうかがわせた。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×