【巨人】セ三塁手部門で2年連続GG賞の岡本和真「大変うれしく思います」

スポーツ報知
ゴールデン・グラブ賞を受賞した三塁手・岡本和真(カメラ・竜田 卓)

 セ、パ両リーグの守備の名手を表彰する「第51回 三井ゴールデン・グラブ賞」の授賞式が29日、都内のホテルで行われた。三塁手部門で2年連続の受賞となった巨人・岡本和真内野手は「僕自身目標にしている賞なので、大変うれしく思います。(新主将として)しっかり打撃でも守備でもチームを引っ張っていけるように頑張っていきたいと思います」と話した。

 巨人の三塁手としては長嶋茂雄、高田繁、原辰徳、村田修一に次ぐ5人目の2年連続受賞。今季はリーグトップの守備率9割7分5厘を記録し、日本人選手最多のシーズン56本塁打&史上最年少3冠王となったヤクルト・村上の93票を上回る130票を集めた。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年