韓国、抗議の幕切れ…CK得た場面で試合終了の笛、選手が審判を囲みベント監督にはレッドカード

スポーツ報知
レッドカードを提示されたベント監督(ロイター)

◆カタールW杯 ▽1次リーグH組 韓国2―3ガーナ(28日・エデュケーション・シティー競技場)

 【アルラヤン28日=スポーツ報知W杯取材班】初戦で強豪・ウルグアイとスコアレスドローだった世界ランク28位の韓国がポルトガルに2―3で惜敗した世界ランク61位のガーナに惜敗。12年ぶりの決勝トーナメント進出へ崖っぷちに立たされた。

 試合は後半ロスタイムに入り韓国がパワープレーを続け、同10分を迎えた段階で笛が吹かれた。韓国がCKを獲得した時点での試合終了だったため、選手が主審を囲んで抗議。さらにベント監督も抗議を行い、指揮官にレッドカードが提示された。ベント監督は第3戦のポルトガル戦でベンチ入りできなくなった。

 2大会連続の1次リーグ敗退からの復活を狙う「アジアの虎」だったが、序盤から抜群の身体能力で攻めてくるガーナに徹底的に左サイドを狙われた。

 前半24分に与えたゴール左前のFKからのサリスのゴールで1点を先制されると、34分にも左サイドを崩され、クドゥスのヘッドでのゴールで2点目を奪われ、前半だけで2失点の苦しい展開に。

 頼みの大黒柱、昨年のプレミアリーグ得点王・ソン・フンミンも2人がかりの徹底マークに遭い、チャンスを作れない中、ニューヒーローが誕生した。

 後半7分、今年の韓国リーグ得点王でネット上で「イケメン」と評判のチョ・ギュソンの決定的シュートをガーナGKが必死にはじいたところから流れが変わった。

 初戦のウルグアイ戦後、「すごいイケメン」、「まるで韓流スター」などとネットを湧かせ、大会中にSNSのフォロワーが20倍になった全北所属のストライカー・ギュソンは後半13分、イ・ガンインの左サイドからのクロスに頭で合わせて、まず1点。その3分後には左からのクロスにまたも頭で合わせ、ゴールネットを揺らし、同点とした。

 しかし、23分、クドゥスにこの日2点目を決められ、終盤の猛攻も実らず、息の根を止められた。

 後半40分を過ぎると、韓国はパワープレーに。ロスタイム10分が表示されると、波状攻撃でガーナゴールに襲い掛かった。何度も決定機を迎えたが、ゴールは割れないまま。最後は10分を過ぎ、CKを獲得した時点で試合終了となった。

 韓国は勝てば、日本を抜いてW杯アジア勢最多の7勝目、W杯の同一大会アジア勢最多となる1次リーグ5勝目など様々な記録がかかっていたが、惜敗。大逆転の決勝トーナメント進出をかけ、12月2日、優勝候補の一角・ポルトガルとの一戦に臨む。

 【H組の日程】

 ▼11月24日

 ポルトガル3―2ガーナ

 韓国0―0ウルグアイ

 ▼11月28日

 ポルトガル―ウルグアイ

 韓国2―3ガーナ

 ▼12月2日

 ポルトガル―韓国

 ウルグアイ―ガーナ

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×