【オリックス】前日本ハム上野響平を育成で獲得へ 京都国際出身21歳「牛若丸」遊撃中心の守備評価

スポーツ報知
上野響平

 オリックスが、前日本ハムの上野響平内野手(21)を育成で獲得することが28日、分かった。8日の12球団合同トライアウトを受けた上野について、遊撃を中心に安定した守備力を評価。日本ハムからも育成で再契約を打診されていたもようだが、地元・大阪で再出発する。

 上野は京都国際高から19年ドラフト3位で入団。堅実かつ華麗な守備は「牛若丸」と呼ばれ、将来の正遊撃手として期待されたが、今季は出場12試合。10月に来季構想外を通達された。

 球団は、9日に前阪神の小野泰己投手(28)を育成で獲得。育成外国人として、前ダイヤモンドバックス傘下のレアンドロ・セデーニョ内野手(24)も獲得する。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×