岸田文雄首相、秋葉復興相の更迭を否定「説明責任をしっかり果たすべき」

スポーツ報知
答弁する岸田文雄首相

 岸田文雄首相は28日、衆院予算委員会に出席し、公職選挙法への抵触や、旧統一教会との接点が指摘されている秋葉賢也復興相の更迭を改めて否定した。

 立憲民主党・源馬謙太郎氏は「総理がご決断し、交代させた方がいいんじゃないですか? もう復興大臣の職務を果たせない」と厳しく追及。これに対して、岸田氏は「様々な疑念を指摘されているのならば、説明責任をしっかり果たすべきと考えている」と答弁するにとどめた。

 また、27日に予定されていた被災地(福島)の視察を取りやめた理由について、秋葉氏は「国会審議で丁寧に説明させていただく必要があると考えて、日程変更をお願いした」と弁明した。

 さらに、秋葉氏自身の収支報告書に旧統一教会の関連団体に会費を支払ったと記載していた件については「本来は会費ではなく、資料、雑誌購読費として計上すべきだった」と説明し「旧統一教会の団体という認識はなかった」と話した。

社会

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年