【ロッテ】FA行使せず残留の田村龍弘、自己ワースト2試合のみの出場も500万円増サイン「心機一転」

スポーツ報知
ロッテ・田村龍弘

 ロッテ・田村龍弘捕手(28)が28日、ZOZOマリンで契約更改交渉に臨み、500万円アップの7000万円(推定)の1年契約でサインした。

 12年のドラフト3位で青森・光星学院高(現八戸学院光星高)から加入した田村は、10年目の今季、コンディション不良もあってプロ入り後ワーストとなる2試合のみの出場に終わった。18年には全143試合に出場した実績があるとはいえ、佐藤都、松川らの成長もあって19年以降は100、92、70、2試合と出場試合数を減らしてきた。

 悔しさの残るシーズンとあって「今年はなにもしていないから、来年スタートを切るときはもちろんチャレンジャーとして松川とか(佐藤)都志也とかに勝っていかないといけない。今までは正直、普通にやっていれば試合に出られるという感覚でずっといてましたけど、けがせずに普通にやれば大丈夫だと思っていましたけど、それでは来年また同じようになってしまうと思うので、本当にイチからチャレンジャーとして勝負していきたいなと思います」と決意を口にした。

 シーズン中には国内FA権を取得したが、「本当にそこは色々考えて、いままでで本当に一番考えましたね。どうするか、自分の人生なので。あと家族の人生も預かっているので。本当に考えた結果、監督というかチームの体制も変わってというところで、またイチから勝負できるかなと思ったというのもあるし、あとは本当に吉井監督本人に会ったときに、常に残って欲しいと言ってもらえたこととか、選手から『一緒にやろうよ』と言ってもらったのが一番ですかね。本当にそこが一番かなと思います」と、行使せずに残留を決断。2試合の出場ながら年俸が上がった要因のひとつにもなった。

 背番号も心機一転「22」からかつて巨人・森、西武・伊東、ヤクルト・古田、中日・谷繁ら名捕手がつけた「27」に変更することも決まった。田村は「やっぱり伊東さんだとか、細川さんだとか間近でずっと教わってきた尊敬できる師匠がつけていた番号なので、侍ジャパンに選ばれたときもつけたことがあって、やっぱり『27』はすごいつけたいなと言う思いはずっとあった。そこに関しては本当に(17年から)『22』をつけていたこともよかったですけど、さらにいい番号をつけさせていただけるので、本当に心機一転という所ですね。ただ心機一転本当に流れを変えたいというそれだけですね」と説明した。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×