【大学野球】全早慶戦が茨城で開催 来秋ドラフト候補の慶大新主将・広瀬隆太は3安打1打点「背中で引っ張りたい」

スポーツ報知
3安打1打点の活躍をした慶大新主将・広瀬隆太(カメラ・内藤菜月)

◆東京六大学野球 全早慶戦▽慶大6―3早大(27日・ひたちなか市民球場)

 新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となった全早慶戦が27日、茨城県のひたちなか市民球場で行われた。慶大は、広瀬隆太新主将(3年=慶応)の初陣となり、前主将の下山悠介一塁手(4年=慶応)がソロ本塁打を放つ活躍を見せ、6―3で早大に勝利した。

 主将の自覚が芽生えた一戦だった。新たに背番号「10」を背負った広瀬は「4番・三塁」で先発出場。初回1死二、三塁から左前へ先制適時打を放つなど、4打数3安打1打点で新主将としてチームをけん引した。新チームが発足してからは初の対外試合となり「リーグ戦後から自分の打撃を見つめ直してレベルアップした」と納得の表情。新チームを任せられたが、来春のリーグ戦へ向けて「自分は言葉よりも背中で引っ張っていくタイプ。模範的な行動を取って背中で引っ張っていきたい」と前を向いた。

 4―0で迎えた2回1死からは、2番に座った下山が右中間へソロ本塁打を運ぶなど5打数2安打1打点。新旧主将がチームを勝利へ導いた。慶大のユニフォームを着てプレーするのは全早慶戦で最後。「かみ締めながらプレーした。偉大な先輩と後輩とできて楽しめた」と笑顔を見せた。主将を受け継ぐ広瀬へ向けては「自分らしくチームを引っ張っていってほしい」と言葉をかけた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×