本田圭佑、日本のコスタリカ戦勝率は「70%です」と断言…「おそらく(酒井)宏樹が出られない」

スポーツ報知
本田圭佑

◆カタールW杯▽1次リーグE組 日本―コスタリカ(27日、アフメド・ビン・アリ・スタジアム)

 元日本代表MF本田圭佑が25日、テレビ朝日系「報道ステーション」に生出演し、サッカーW杯カタール大会で日本代表の1次リーグ2戦目となるコスタリカ戦について語った。

 「本田ジャパンだったら、コスタリカをどう攻略するか」というテーマで、「3-4-3」の予想スタメンを掲げ「伊東さんが右のウイングバックに入ってる。おそらく(酒井)宏樹が出られない。なので、そこを誰を使うかとなるんですけど、攻撃的にいきたい。なぜなら、おそらくドイツがスペインに勝つというシチュエーションを考えて組むべき。(日本がコスタリカに勝ち、スペインに負けると)2勝1敗になって、勝ち点6で並ぶ。得失点差で(決勝トーナメントに)いけない可能性がある。でもそんな甘い相手ではない、コスタリカに勝つのは難しい。左ウイングバックに(長友)佑都を入れたのは、そこなんです。何も考えずに攻撃的に行くなら三笘さんを左に置きます」と持論を語った。さらに「でも、森保さんはしない。話(を聞くところ)によると、あまり3バックやってなかったみたい。なので4バックで良さを出すぞ、というマネジメントをしてると思います」と予測した。

 「コスタリカ戦、本田監督だったら何点取りに行くか」と聞かれると、「そもそもコスタリカに勝つこと自体が難しいのが大前提。あわよくば3点、4点取りたいですね」と答えた。コスタリカ戦の勝率は「70%です」と断言した。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×