カタール2連敗、W杯史上初となる開催国が敗退決定第1号の危機…続くオランダ―エクアドル戦の結果次第

スポーツ報知
決めきれず悔しがるカタールDFムハンマド(ロイター)

◆カタールW杯 ▽1次リーグA組 カタール1―3セネガル(25日・アルスママ競技場)

 【ドーハ25日=スポーツ報知W杯取材班】開催国カタールはセネガルに敗れて2連敗となった。日本時間26日午前1時から行われるオランダ―エクアドル戦で、オランダが勝つか引き分けると、出場32チームで大会敗退決定1号となる。開催国が1次リーグ敗退となれば2010年大会の南アフリカに続いて2度目だが、開催国が出場チームの中で最初に敗退が決まるのは、1次リーグ制が導入される前のトーナメントしかない時代も含めて初めてとなる。

 セネガルは今大会初勝利で、1次リーグ突破に望みをつないだ。

 試合はお互いに決め手を欠く中で迎えた前半35分ころから、カタールに単純なミスが相次いだ。そして前半41分、ペナルティーエリア内でカタールDFフーヒがクリアミス。これをセネガルFWヌジャイが奪ってゴールに押し込んだ。

 後半3分、セネガルの右CKでニアに飛び込んだFWディエディウが、逆サイドのゴールネットを揺らすヘディングシュートを決めた。

 カタールは後半33分、自陣左サイドから敵陣右サイドへのロングフィード1本で深くに進入すると、DFムハンマドがゴール正面中央付近にクロス。するとFWムンタリのヘディングシュートで、チーム今大会初ゴールを挙げた。

 だが同39分にセネガルFWのB・ディエンに3点目を決められた。

 【A組の日程】

 ▼11月20日

 カタール0-2エクアドル

 ▼11月21日

 セネガル0-2オランダ

 ▼11月25日

 カタール1―3セネガル

 オランダ―エクアドル

 ▼11月29日

 エクアドル―セネガル

 オランダ―カタール

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×