クールな上田綺世 初戦激勝で言葉に熱「自分も力を発揮しなきゃいけない」

スポーツ報知
上田綺世

 【ドーハ25日=スポーツ報知W杯取材班】FW上田綺世がドイツ戦で感じたことを口にした。自身は不出場に終わったが、チームは歴史的な逆転勝利を収めた。「日本代表選手の戦う意思とか、前半を0―1で終えて後半頭から前から(守備に)いこうという、その戦術の統一性、一体感を見た。そこに刺激を受けました。その中で自分も力を発揮しなきゃいけない」と感じたという。

 一体感をより大きくしていくために、献身性の意識も高まる。「(試合に出られない)悔しさとか個人的な感情をぶつけて、エゴイストにはならない。僕が背後への動きが得意だったとしても、必要なら(相手DFを)背負うこともある。出場するタイミング、状況による。そこでしっかり判断してやらなきゃいけない」。

 27日にはコスタリカ戦を迎える。中3日の日程、展開でチャンスが回ってくる可能性がある。「自分の武器を全力で出すこと。そして、求められること。あとは与えられた時間の中で、結果を含めて、自分が必要と感じたことをやること。ダイナミックに自分を信じてプレーしたい」とW杯デビューを思い描いた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×