伊東純也「点取るキャラじゃないんで毎回言われても…」ドイツ戦無得点も泰然自若

スポーツ報知
ウォーミングアップをする伊東純也(カメラ・小林 泰斗)

 【ドーハ25日=スポーツ報知W杯取材班】日本代表MF伊東純也が25日、コスタリカ戦(27日)に向けた練習後、取材に応じた。勝利したドイツ戦では右MFで先発したが、前半は守備に追われる展開に。後半はチームの布陣が4―2―3―1から3―6―1に変わったことを受け、2シャドーの一角に。試合終盤には右ウイングバックでもプレーした。結果、無得点に終わったが「誰が決めても勝てればいい。もともと、点取るタイプじゃないんで。(4ゴールのアジア最終予選は)たまたま取ってたんで。それで勝てたんでよかったけど。点取るキャラじゃないんで、毎回言われても、っていう感じなんすけど。でもゴールには絡みたい。取ってやろうとは思ってますし、もちろんチャンスがあれば狙いたい」と肩の力が抜けたコメントを残した。

 2戦目でぶつかるコスタリカは、18年9月11日親善試合で代表初ゴールを奪った相手だ。右サイドで縦に突破を仕掛けながら、中にカットインして最後は左足で決めた得意の形だった。「相手は覚えていませんけど、自分がどんなゴールを決めたかは、一応覚えています。いいイメージは持っています。あの1点があったから、代表で出場を伸ばしてきたのがあったので」と、代表定着のきっかけとなった一戦を振り返ったスピードスター。「(ドイツ戦は)いつもよりアドレナリン出て走れましたし、全然疲れていない」と、第2戦に向けていい状態にあることをうかがわせた。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×