【広島】来季はキャンプテン制度なし 新井監督「みんなに引っ張って行ってもらいたい」

スポーツ報知
広島・新井貴浩監督

 広島の新井貴浩監督が25日、来季はキャプテン制度を導入しないことを明かした。「みんなで引っ張っていってもらいたい。選手会長に(大瀬良)大地がいるので、一本化した方が選手が意見とかもいいやすんじゃないだろうかと。投手キャプテンがいて野手キャプテンがいると『この案件は誰に相談すればいいのかな』みたいな感じになるのかなと思って。みんなに、よし俺がチームを引っ張る、チームを盛り上げるんだというふうな気持ちを持ってほしい」と意図を説明した。

 今季は投手キャプテンを九里、野手キャプテンを野間が務め、チームを引っ張った。2選手には新井監督から直接理由を説明し「キャプテン制はひかないけど、九里も野間も今年と同じような気持ちで引っ張って行ってくれな、頼むな」と伝えた。

 今年から選手会長になった大瀬良には「選手会長は大変だから。グラウンドの外でも考えることは多い。だけど、あんまり重く受け止めず、まずは自分のことをしっかり頑張ってもらいたい」と変わらぬ信頼を寄せた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×