【ソフトバンク】今宮健太が5年ぶり3度目のベストナイン「また来年呼ばれるように頑張りたい」

スポーツ報知
ソフトバンク・今宮は5年ぶりのベストナインに輝いた

◆NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD

 タイトルホルダーや最優秀選手、最優秀新人といった今シーズン活躍した選手をたたえる表彰式「NPB AWARDS」が25日、都内で開かれ、ソフトバンク・今宮健太内野手が17年以来、5年ぶり3度目の受賞を果たした。「打つ方で結果が出たからこの賞をいただけた。あとはケガなく1年間、やれた」と振り返った。

 今季は130試合に出場し、打率2割9分6厘、7本塁打、47打点。昨季まで4年連続で受賞していた西武・源田から再びタイトルを奪い返した。「源田のグラブさばき、ハンドリングは12球団でNO1の選手と認めている。また競争し合って、自分のレベルを上げていきたい」とリスペクトするライバルの存在も口にした。

 「また来年、連続して呼ばれるようにケガなく全力で頑張っていきたい。キャリアハイを目標に来年頑張っていきたいと思っています」とさらなるレベルアップを誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×