ヤクルト村上宗隆が史上7人目の満票MVP パはオリックス山本由伸…ともに2年連続受賞

スポーツ報知
最優秀選手賞に輝いたヤクルト・村上宗隆(左)とオリックス・山本由伸は会見で笑顔を見せる(代表撮影)

◆NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD

 タイトルホルダーや最優秀選手、最優秀新人といった今シーズン活躍した選手たちをたたえる表彰式「NPB AWARDS」が25日、都内で開かれ、ヤクルトの村上宗隆内野手(22)が2年連続セ・リーグMVPを受賞した。

 投票総数299票、1位票(5点)が299票で満票選出となった。過去に満票MVPは、巨人・長嶋茂雄(61、71年)、王貞治(73、77年)、中日・杉下茂(54年)、南海・杉浦忠(59年)、南海・野村克也(65年)、楽天・田中将大(13年)。村上が史上7人目(9度目)の快挙となった。

 今季は打率3割1分8厘、日本選手最多の56本塁打、134打点で史上最年少三冠王に輝き、2年連続リーグ優勝に貢献。史上初の5打席連続本塁打、史上最年少150本塁打など記録ラッシュの1年だった。

 パ・リーグもオリックス・山本由伸投手(24)が2年連続のMVP受賞。今季は26試合に先発して15勝5敗、防御率1・68、193イニング、205奪三振で最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、勝率第1位投手賞のタイトルを昨年に続いて獲得し、史上初の2年連続4冠に輝き、チームの2年連続リーグ優勝、26年ぶり日本一の大きな力になった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×