【阪神】糸原健斗、年俸増8000万円も「個人的な数字が全然ダメ」4選手の契約更改まとめ

スポーツ報知
契約更改を終え報道陣の質問に答える糸原健斗

 阪神は25日、兵庫・西宮市内の球団事務所で4選手の契約更改交渉を行った。

 糸原健斗内野手は100万円アップの8000万円(推定)で判を押した。しかし、今季は132試合に出場し、打率2割4分7厘、3本塁打、36打点にとどまり「個人的な数字が全然ダメ。悔しいの一言。しっかり、やり返せるように」と巻き返しを宣言。岡田監督は二塁に中野、三塁の佐藤輝を固定して起用する方針を示しているだけに「競争は毎年のこと。少しでも割って入れるように頑張っていきたい」と決意をにじませた。

 また、昨オフに戦力外となったソフトバンクから加入した渡辺雄は1150万円増の1600万円(同)でサイン。プロ初勝利を挙げるなど、32試合に登板して3勝1敗10ホールド、防御率2・45のキャリアハイを収めた。「また来年、野球ができるってだけでとてもありがたい。今年は『ワンポイントでしっかり仕事をしてもらった』と言ってもらえた。来季は40、50試合は最低でもいけるように」と気持ちを新たにした。

 

 更改選手は以下の通り。(金額は万円。△はアップ、▼はダウン、□は現状維持。金額は全て推定)

島本(投) 2300△200

 

小林(投) 1700▼100

渡辺雄(投) 1600△1150

糸原(内) 8000△100

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×