【オリックス】2年目・元謙太が微増で契約更改 プロ初安打で“餅”べーションもアップ「反響がありました」

スポーツ報知
契約更改を終え、笑顔を見せるオリックス・元

 オリックスは25日、5選手が大阪・舞洲の球団施設で契約を更改した。トップバッターの元謙太外野手は50万増の年俸700万円でサイン。高卒2年目の今季は1軍で8試合に出場し、プロ初安打も放った。「反響がありました」と昇給とともに喜んだのが、実家が岐阜・多治見市で営んでいる餅屋「コリアン餅エイシン」のこと。「関西からもグッズを持ったファンの方が来てくれたり、ネット(注文)でもメッセージをくれたり。僕が活躍してお客さんが来てくれるのがうれしい。モチベーションが上がります」と3年目の飛躍につなげるつもりだ。

 8年目の佐野皓大外野手は自己最多の78試合に出場し、600万円増の2300万円でサイン。両打ちから右打ち一本に専念することを決め「課題は打撃。1年間を通して、結果を残せるように」と外野のレギュラー獲得へ意気込んだ。リリーフで12試合の登板にとどまった山田修義投手は1000万円減の3600万円、来季2年目の福永奨捕手は50万円減の950万円、宜保翔内野手は300万円増の900の万円で更改した。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×