【ジャパンC】シャドウディーヴァは坂路を軽快に 斎藤誠調教師「きっちり仕上げられた」

スポーツ報知
シャドウディーヴァ

◆第42回ジャパンC・G1(11月27日、東京競馬場・芝2400メートル)=11月25日、美浦トレセン

 昨年7着のシャドウディーヴァ(牝6歳、美浦・斎藤誠厩舎、父ハーツクライ)は、角馬場から坂路を軽快に66秒1―15秒8。素軽いフットワークで軽快に登坂した。斎藤誠調教師は「前走後は右前脚をひねったことろが気になりましたが、問題なくきっちり仕上げられました」と万全の態勢を口にした。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×