【ジャパンC】ハーツイストワール得意の府中で不気味 国枝調教師「武豊に任せたよ」

スポーツ報知
ハーツイストワール

◆第42回ジャパンC・G1(11月27日、東京競馬場・芝2400メートル)=11月25日、美浦トレセン

 前走のアルゼンチン共和国杯で連対を果たしたハーツイストワール(牡6歳、美浦・国枝栄厩舎、父ハーツクライ)が【3601】と抜群の相性を誇る東京コースで不気味な存在だ。この日は南の角馬場から坂路を65秒9―15秒7で力強く駆け上がった。国枝調教師は「追い切り後も問題ないし順調で体重も問題ないよ。元気はいいし、あとは武豊に任せたよ」とこれで3戦連続となる名手の手綱さばきに期待した。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×