【京阪杯】ビアンフェはCWコースでパワフルな脚さばき 陣営「休み明けは苦にしない」

スポーツ報知
ビアンフェ

◆京阪杯・G3(11月27日、阪神・芝1200メートル)=11月25日、栗東トレセン

 16着だった函館スプリントSから5か月半ぶりの復帰戦となるビアンフェ(セン5歳、栗東・中竹和也厩舎、父キズナ)は、CWコースでキャンター調整。4ハロン72秒4―14秒9とラストを大きめに乗られ、パワフルな脚さばきで駆け抜けた。

 柴田助手は「ここを目標にして、ゲート練習もしっかりやってきました。追い切りは迫力がありながらも柔らかい動きをしていましたし、太め感なく仕上がっています。休み明けは苦にしないタイプ。坂のある阪神コースも合うと思います。あとは自分の形で走れるかどうか」と21年函館スプリントS以来の重賞4勝目を見据えた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×