【ソフトバンク】海野隆司、150万円アップの1300万円でサイン「あそこの試合で優勝できなかった悔しさ」10月1日に山川被弾で涙

スポーツ報知
150万円アップでサインした海野隆司(ペイペイドームで)

 ソフトバンク・海野隆司捕手が25日、ペイペイDで契約更改交渉に臨み、150万円アップの1300万円でサインした。「甲斐さんがいる中でもいい準備をしてくれて、優勝はできなかったですけど、しっかりやってくれたと評価して頂きました」と振り返った。

 プロ3年目の今季は自己最多の47試合に出場。甲斐に次ぐ2番手捕手の役割を果たした。マジック1で迎えた10月1日の西武戦(ベルーナD)では途中からマスクをかぶり、延長11回に山川にサヨナラアーチを被弾。アーチを許した藤井とともに涙を流した。

 「あそこの試合で優勝できなかったというのはすごい悔しさがある。捕手である以上は最後まで堂々としていないといけないと試合後に思った。感情を出してしまって、山川さんが本塁打を打って、ホームベースを踏むところを最後まで見られなかった。悔いというか、これからちゃんとやらなければいけないと思った」

 DeNAからFAで嶺井が加入。打撃に秀でた渡辺も急成長しており、来季の捕手争いはし烈を極める。ここ2年は甲斐と自主トレを行ってきたが、来年1月は筑後のファーム施設で単独自主トレを行う。

 「自分が言うのもなんですけど、ライバルというのもありますし、(甲斐)拓也さんに勝っていかないといけない。一緒にやっても勝てないというのはあるんで。今年はスタメンが11試合と少なかったので、それ以上の試合数をスタメンで出たい」と悲壮な決意を語った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×