永島昭浩氏、日本のコスタリカ戦でのシステム変更を予想…「コスタリカはカウンター戦術…4・3・3が得策」

スポーツ報知
森保一監督(カメラ・宮崎 亮太)

 サッカー解説者の永島昭浩氏が25日、フジテレビ系「めざまし8(エイト)」(月~金曜・午前8時)に生出演した。

 番組ではサッカーカタールW杯の1次リーグE組で27日の日本代表とコスタリカと対戦する試合を展望した。

 永島氏は、先発を予想。システムをドイツ戦の4・2・3・1から4・3・3と変えることを予想し「コスタリカが引いて守ってカウンターという戦術をとってきますから、そういう意味では日本が主導権を持ってアクションする側になるので、日本の良さを出せる、持ち前の足元の技術を出すっていう全体にバランス良く考えるサッカーであれば、この4・3・3が得策かな」と解説した。

 続けて「ただし、コスタリカは、この試合で勝たなくてはいけないことを考えると意外な展開、意外な戦術を敷いてくる可能性もあるので」とし「そういう意味ではドイツ戦で使った4・2・3・1と4・3・3のダブルスタンダードのシステムを準備して状況に応じて戦える柔軟性をもっていれば、そんなに崩れることはないんじゃないかなと思います」と解説していた。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×