コスタリカ代表が異例の完全非公開練習実施へ 日本戦へ報道陣シャットアウトのピリピリムード

スポーツ報知
コスタリカ代表・スアレス監督(ロイター)

 【ドーハ25日=岡島智哉】カタールW杯1次リーグE組第2戦で日本と対戦するコスタリカ代表は、25日に完全非公開練習を実施することを決定した。選手への取材対応も行わない。

 この日練習拠点でのトレーニングが予定されている19か国のうち、完全非公開練習を行うのはコスタリカとメキシコの2か国のみ。国際大会のトレーニングでは報道陣に冒頭15分間を公開するのが通例で、日本も同様に15分間を公開予定。

 15分間はウォーミングアップにあてられることが大半で、戦術的練習は行わないことがほとんど。そのため各国は、メディアを通じて国民にチーム状況を伝えるため、積極的に練習冒頭のみを公開する。ウォーミングアップすら公開しない異例とも言える完全非公開練習で、日本戦に向けた調整を行う。

 コスタリカは第1戦のスペイン戦で0―7の大敗を喫し、スアレス監督は「選手のメンタルが心配」などと話していた。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×