ブラジル初戦快勝もエース・ネイマールが負傷交代 チチ監督「W杯でプレー続けられると確信」

スポーツ報知
後半、タディッチ(左)にファウルで倒されるネイマール(カメラ・宮崎 亮太)

◆カタールW杯 ▽1次リーグG組 ブラジル2―0セルビア(24日・ルサイル競技場)

 優勝候補のブラジルが、FWリシャルリソンの2ゴールでセルビアに勝利し、順調なスタートを切った。後半17分、巧みなターンで中盤を突破したFWネイマールが仕掛け、流れたところをFWヴィニシウスがシュート。GKがはじいたが、そのこぼれ球を東京五輪得点王のFWリシャルリソンが押し込んで先制した。さらに同28分、ヴィニシウスのパスが中央のリシャルリソンへ。トラップが浮いたかに見えたが、これを豪快バイシクルで叩き込むスーパーゴール。リードを2点に広げ、盤石の勝利を挙げた。

 しかしエースのFWネイマールが、右足首を負傷し後半35分に交代。試合後の会見では、チチ監督の前にブラジル代表のドクターがコメントする異例の形でスタート。負傷状態を診断するには24時間から48時間が必要で、仮定の話はできないと説明した。一方でチチ監督は「ネイマールはW杯でプレーを続けられると確信している」と語り、早期復帰を期待していた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×