ブラジルに完敗のセルビア・ストイコビッチ監督「ブラジルに敗れたことは恥ではない」

スポーツ報知
セルビアを率いるストイコビッチ監督(カメラ・宮崎 亮太)

◆カタールW杯 ▽1次リーグG組 ブラジル2―0セルビア(24日・ルサイル競技場)

 セルビア代表のストイコビッチ監督が、ブラジルに0―2と敗れた開幕戦を振り返り「ブラジルに敗れたことは恥ではない」と語った。昨季までフランクフルトで日本代表MF鎌田の同僚だったMFコスティッチ、エースのFWブラホビッチ=ともにユベントス=ら主力が負傷を抱えてベンチスタートとなった中で、前半は0―0と奮闘。しかし後半、ブラジル代表FWリシャルリソンに2ゴールを許し力尽きた。ストイコビッチ監督は「キープレーヤーが負傷していた。不運だった。次戦までは時間があるので、ベストなオプションを選択したい」と語り、気持ちを切り替えていた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×