番狂わせなし!強力関東の番手から吉田拓矢が3連勝へ…小倉G1競輪祭4日目

スポーツ報知
連勝で「ダイヤモンドレース」に出場する昨年覇者の吉田拓矢

◆第64回競輪祭・G1 ナイター・4日日(25日、福岡・小倉)

 一次予選2走目が終了。4日目・25日に行われる「ダイヤモンドレース」と二次予選A・Bの進出者が決まった。メインの12R「ダイヤモンドレース」は、森田優弥を先頭に結束する関東と、新山響平が引っ張る北日本ラインが真っ向勝負。森田の番手を任された吉田拓矢が3連勝に挑む。4着権利の「二次予選A」11Rでは脇本雄太がきょうこそ白星を目指す。

 【12R・ダイヤモンドレース・20時30分】関東と北日本がライン3車で互角の争い。先行実績では新山がリードするが、関東の先頭を務める森田も、平原が3番手のこの並びなら積極的に仕掛けていきそう。両ラインが早めから火花を散らすなら、番手の仕事もできる吉田が北日本をさばき、単騎3車の反撃に合わせて踏み込む。平原が巧追して5⇔3が本線。それでも新田が力で迫る57も。

 1郡司浩平、2清水裕友、3平原康多、4新山響平、5吉田拓矢、6山田久徳、7新田祐大、8森田優弥、9守沢太志

 ◇展開 853 479 1 2 6

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×