Cロナウドが史上初W杯5大会連続ゴールのポルトガルが白星発進!ガーナとの打ち合いを3―2で制す

スポーツ報知
ジョアンフェリックス(左から3人目)のゴールを喜ぶクリスティアノ・ロナルド(左端)(カメラ・小林 泰斗)

◆カタールW杯 ▽1次リーグH組 ポルトガル3―2ガーナ(24日・974競技場)

【ドーハ24日=岡島智哉】ポルトガルがFWのCロナウドがPKで挙げたゴールを決勝点とし、3―1でガーナに快勝した。Cロナウドは前人未踏の5大会連続ゴールを達成した。

 後半20分、Cロナウドが自ら倒されて得たPKを右足で豪快に沈めて先制。8分後にガーナFWアイェウに同点弾を許すも、同33分にFWフェリックス、同35分にFWレオンが立て続けにゴールを決めた。終盤に失点したものの、最後は逃げ切って白星発進を決めた。

 Cロナウドが重圧を自ら跳ね返した。初戦を前に周囲はおろか世界中が、その去就に注目して騒ぎ立てた。2日前に所属するマンチェスターUの退団が決定。英BBCが内幕を報道。「マンチェスターUに裏切られた」「オーナーのグレイザー一家はクラブがどうなろうと気にしない」等々、痛烈なクラブ批判をしたロナウドに対し、クラブ側は法的に契約解除の手続きを開始。今季までの年俸2600万ポンド(約44億4600万円)の契約を解除する方針を固めたという。

 クラブ側が特に問題視した発言は「テン・ハーグ監督には敬意がない」というもの。この発言で、低迷するマンチェスターUの立て直しのため、クラブ側が最後の切り札として今季から招聘したオランダ人闘将と、ロナウドの共闘は“不可能”と判断された。

 騒動にも動ぜず、結果を出した大会屈指のストライカー。このゴールで母国の英雄、エウゼビオ氏のW杯通算9ゴールにあと「1」に迫った。

【H組の日程】

▼11月24日

ウルグアイ0-0韓国

▼11月28日

韓国―ガーナ

ポルトガル―ウルグアイ

▼12月2日

ガーナ―ウルグアイ

韓国―ポルトガル

※日付は現地

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×