「Seven Nation Army」復活?…ロシア大会で大盛り上がり、今大会序盤では別の曲

スポーツ報知
試合前、女性審判員のステファニー・フラパールさんと会話を交わすポルトガル主将のCロナウド(ロイター)

◆カタールW杯 ▽1次リーグH組 ポルトガル―ガーナ(24日・974競技場)

 【ドーハ24日=スポーツ報知W杯取材班】カタールW杯の試合会場で流れる曲で、ロシア大会で話題となった「Seven Nation Army」が、24日の一部試合から流れ始めている。

 開幕戦では同曲が流れず、ネット上では世界各国で残念がる声が上がっていた。

 この日行われているウルグアイ―韓国、ポルトガル―ガーナではともにスタジアムで流れ、サポーターらが曲に合わせてノリノリで声を出している。

 また、ポルトガル―ガーナ戦では第4審判をフランス人女性のステファニー・フラパールさんが務め、試合前の記念撮影ではCロナウドと笑顔で会話を交わしていた。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×