中野区議会議員、サッカー日本代表のドイツ戦大金星に「残念というほかない」とツイート…反響の声多数

スポーツ報知
逆転勝ちし、喜びを爆発させる日本代表の選手たち

 東京都中野区議会議員の羽鳥大輔氏が24日、自身のツイッターを更新。サッカーW杯のドイツ戦で日本が大金星を挙げたことに「残念というほかない」などとつづり、様々な反響が寄せられている。

 羽鳥氏は、ドイツ代表が試合前の写真撮影の際、全員が口をふさぎ、多様性などを訴える腕章の着用を禁じたFIFAに抗議したという記事を引用リツイート。これに対し、「日本とドイツのサッカー協会の差を見せつけられちゃうし、日本代表は勝っちゃうしで、残念というほかない」と記した。

 この投稿に「日本が勝つと残念な理由を教えて頂けますでしょうか?」「日本代表が勝ったらなんか悪いことでもある?」「そんな視点でスポーツを見てて楽しいんですかね?」などのリプライが寄せられた。

 羽鳥氏は同日夜に「日本代表の戦いはすごいと思いますし、ものすごい努力をされたと思います。しかし、『日本代表を応援し、その勝利を喜んでいなければ日本人に非ず。そう考えてないなら黙っていろ』という空気の中で、『日本が勝ってよかった』とはとても思えません」とツイートし、持論を展開している。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×