大関・貴景勝は2年ぶり3度目Vへ1差追走 「しっかり準備して取りました」

スポーツ報知
貴景勝(左)は、押し出しで錦富士を破る (カメラ・佐々木 清勝)

◆大相撲 ▽九州場所12日目(24日・福岡国際センター)

 東大関・貴景勝(常盤山)が、西前頭5枚目・錦富士(伊勢ケ浜)を押し出して9勝目。3連勝で3敗を守り、賜杯レーストップを1差で追走する。

 回転の良い突き、押しで、新入幕から2場所連続で10勝を挙げている若手成長株を退けた。貴景勝は、立ち合いから強烈な突き押しで前に出た。2度、3度と圧力をかけて、最後は土俵下へと押し出した。「今日も昨日の夜からしっかり準備して、相撲を取りました」と言葉少なに振り返った。

 取組を見守った八角理事長(元横綱・北勝海)は「3敗まではチャンスでしょう。番付が一番上ですからね。最初は連敗したけど、精神的に強いということ。よく立て直しました」と大関の不屈の闘志をほめたたえた。佐渡ケ嶽審判長(元関脇・琴ノ若)も「当たりも良いし、手も伸びているし、足も出ている。左右のいなしにもついて行っている。あの相撲が取り切れれば優勝も近くなってくる」と、優勝候補の筆頭に名前を挙げた。

 12日目は結びの一番で、2敗で王鵬(大嶽)とともに賜杯レースのトップを走る豊昇龍(立浪)との取組が組まれた。通算5勝2敗だが、先場所は浴びせ倒しで苦敗を喫した。「準備します。しっかり」と貴景勝は自らに言い聞かせて会場を後にした。12場所ぶり3度目の優勝を気力で手繰り寄せる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×